病気を発症することもある

ブルーベリーも人間と同じように、病気になってしまうことがあります。育て方を間違ってしまうと病気を発症し、収穫ができなくなってしまうので、気を付けて栽培する必要があります。また、ブルーベリーの病気は虫が原因のものだけでなく、ウイルスが原因になっているものもあります。

病気に気を付けよう

女の人

変色してしまう病気

ブルーベリーの病気ですが、上記にもあるようにウイルスが原因の病気もあります。ウイルスが原因の病気には、ブルーベリー赤色輸点ウイルス(通称BRRV)というものがあります。この病気は名前から連想できるように、ウイルスのせいで赤く変色する病気です。葉っぱは変色だけですが、実は変色だけでなく斑点も出てきます。

BRRVを発症してしまった場合

栽培しているブルーベリーがBRRVを発症してしまった場合ですが、ブルーベリーだけでなく土や肥料にも感染しているので、はやく伐採と伐根をして、処分したほうが良いでしょう。この病気は剪定など接触が原因で発症することもあるので、道具の管理も気をつけましょう。

虫の排泄物などが原因

虫が原因の病気ですが、すす病やバルデンシア葉枯れ病などがあります。すす病ですが、カイガラ虫やアブラムシの排泄物がカビてしまうのが原因の病気で、まるで煤がついているかのように黒く汚れて見えるのが特徴です。病気と言っても、成長や収穫には影響しません。バルデンシア葉枯れ病は糸状菌やヒコバエが原因の病気で、葉だけでなく樹も枯れてしまう恐れがあります。ヒコバエの対策をすることで、発症を免れることができます。

対策を行う

ブルーベリーが病気を発症しないようにするためには、置き場所や水やり、剪定のやり方などいろんなことに気を付ける必要があります。もちろん害虫対策なども該当します。害虫対策は殺虫剤だけでなく、肥料などを使った免疫力向上もあります。

広告募集中